ヤクブ・シュルーサルチック

最高経営責任者 兼 創業者

先見の明と実行力を持ち合わせ、市場への深い理解を持つiineカードの推進者であり、ミラノ、ニューヨーク、パリ、東京をはじめ世界中で活躍する、ファッションモデル。Valentino、Gianfranco Ferré、SwatchやGAP等の世界的キャンペーンを務め、Steven Meisel、Michel Comte、Walter Chinなど世界有数の写真家との仕事も数多く、そのキャリアは18年以上。現在は、日本でトップ5のメンズファッション誌とそれぞれ契約を結んでおり、2006年の創刊時よりオーシャンズのカバーモデルを務める。

 

 国際的な人材登用会社「Fish in the Water」を2003年に設立。現在も経営に携わっており、そのコミュニケーション能力や人脈、更には独自に編み出したマーケティング手法により、「Fish in the Water」社は業界で注目を集める存在として、中央ヨーロッパやアジア市場に名を馳せています。

ルーベン・ウォスジドロ

最高執行責任者 兼 創業者

人材及びプロジェクトに関する豊富なマネージメント経験と共に専門的なマーケティング能力を有する、コンサルタント。ファッション業界におけるキャリアは 15年以上。ニューヨーク、パリ、ミラノで世界のトップモデルエージェンシー「NEXT」と契約、Hugo Boss、Jil Sander、Joop、Ralph Lauren、Kenzo、Emporio Armani、 Ermenegildo Zegnaなどのエリートファッションブランドと仕事を行ってきた。また、日本で有数のファッションブランドや専門誌との仕事は10年以上に及び、幅広い 経験をもつ。

 

ドイツのハンブルグの応用科学大学にて機械工学を学び、家族経営の産業会社「Woszidlo GmbH」でプロとしてのキャリアをスタート。短期間でドイツにおけるカーディーラーへの機器提供に関する販売活動の責任者となる。

トマス・シミロビチュ

創業者

トマス シミロビチュは20年以上にわたり国際銀行業務と事業経営に携わった経歴を持っています。シティバンク銀行のトランザクション・サービス部門のトレジャリー&トレードソリューションズ(TTS)業務の一環として、グローバルモバイルソリューションビジネスを2009年に打ち出した発起人です。

トマス主導の下、シティバンク銀行は業界初となるモバイル商品群のサービスを開始しました。そして当初予定していた戦略市場をはるかに超えて中国、韓国、インドへもモバイルソリューションサービスを拡大させました。トマスは世界中の大手企業、携帯通信事業社、モバイルオペレーティングシステムプロバイダー、携帯端末メーカーや政府と手を組み、金融サービスや情報管理の分野でモバイル技術の活用を支援する重要な役割を果たしました。 トマスの率いるチームは世界をリードする法人モバイルバンキングを構築し90ヶ国以上へ展開しました。

トマスは現在も引き続きモバイル金融サービスポリシーの政策や、ボーダレスに最善な方法での運用ができるように政府や規制機関、中央銀行への支援を続けています。

マーク ・トルーデル

最高技術責任者

マーク ・トルーデル、役員として高度な技術的専門知識を持ち、正確かつ着実に目的を達成する計画力と、技術資産を最適かつ効果的に運用する能力を通じて、技術革新の推進に全力を注いできました。過去10年間、カナダ、フランス、日本において、エンジニア、コンサルタント、マネージャーとして、数々の複雑な、技術的プロジェクトを主導してきました。近年は、異なった職位ではありますが、同様に役員を務めてきました。

マーク は現在、Wizcorp社(現在はAnkama Groupの一部)にて最高技術責任者を務めており、オンラインゲーム市場やアプリ市場において革新的な製品やソリューションを生み出し続けています。また役員及び最高技術責任者として弊社のiineカードプロジェクトにも加わり、現在、弊社の技術的なビジョンや戦略について策定を進めているところです。

マーク の技術的専門知識は、多年に渡り、そしてあらゆるレベルにおいて、オンラインアプリとゲームの開発及び運営に携わってきた経験から来ています。運営上要請される事柄を理解し、それらをビジネス機会やニーズと調和させて行く能力に長けています。

2009年、日本に転居した後、マーク はWizcorp社に開発者兼システムアドミニストレーターとして入社し、程なくして最高技術責任者に昇進しました。以降、ウェブ業界やゲーム業界のために高品質のサービスを提供する、高い技術力を有するエンジニア、デザイナー、マネージャー、合わせて40人という規模にまで会社の事業を拡大しました。マーク は技術に主眼を置いた事業戦略を策定し、ビジネス上のニーズに応えるための技術的基準を定め、エンジニアの採用基準を制定しました。

それ以前は、マーク はTV5 Canada局の動画ウェブサイトにおいて、システムアーキテクチャーの構築と開発に携わっていました。また同時期、カナダ国立映画製作庁 (NFB) と契約し、Boxeeで動作するNFBアプリケーションの開発も行いました。

さらにそれ以前は、エンジニア、システムアーキテクト、技術部長として、マルチメディアスタジオであるTurbulent Mediaに勤務していました。 Tele-Quebecや Montreal Canadiensホッケーチームを顧客とするプロジェクトに参加し、成果を上げました。

マーク はカナダ国立映画製作庁にてそのキャリアを開始しました。多岐に渡るプロジェクトにエンジニアとして参加し、映画用マイクロサイトの開発を多数主導したほか、メインのウェブサイトの開発に部分的に関わりました。

Please reload